この町のこの人

Published:2012.3.17

お名前:Ben Weiさん 35才 サーフボード・シェイパー
     葵 Weiさん 35才
一宮町人:2009年8月~
先住地:カリフォルニア州サンディエゴ / 埼玉県

簡単に自己紹介を。

Benさん:生まれはペンシルベニアですが、2才からずっとカリフォルニアで育ちました。家族もそこに。
5才からスケートボードをはじめて、16才(1992年)でプロ・スケーターに。スケートボードのブランド=グラビディのチームライダーになって、17才(1993年)の時にその日本ツアーに参加したのがはじめての来日です。それで日本が大好きになった。
サーフィンを始めたのは11才の時。なかなか自分のサーフィンに合う板がなくて、自分でシェープするようになりました。

 

日本が大好きになったのは?

Benさん:一番最初は、成田に着いて、コーヒーの自動販売機に感動しました。すごい!熱いコーヒーがいつでも缶で飲めるよ! それと缶ビールも自販機で買える! すごくビックリした。
それと電車でどこでも行ける。カリフォルニアは電車がサンフランシスコとサンディエゴまで1路線しかなくて。あと、食べ物も大好きだった。とんかつと寿司が大好き。

ほんとに住みたいと思ったけど、友達には「全然日本語も出来ないのに無理、無理!」って言われた。でも、僕はトライできると思ってた。というのも、来る前に日本語の勉強をちょっとしていたのね。パブリックのカレッジで日本語コースに行って。会話を一番勉強したかったのだけれど、それはあまりできなかった。でも、日本人のルームメートがいたからちょっと練習できたし、食べ物とか、その友達の日本人の友達が泊まりに来たりして、日本の文化も少し知ったし、ずっと日本人とはイイ感じだったからね。
そういえば、2才の時ちょっとだけニューヨークに住んでいて、その時のベストフレンドが日本人だった。ヨウヘイって、まだ覚えている。彼の持っていた日本のおもちゃがすごくカッコよかった。クオリティも高くて、最新のテクノロジーが使われていて。ずっと前から日本のモノは好きだったな。

 

2人が出会ったのは?

Benさん:2007年2月の2回目の来日で出会いました。今度は自分のサーフボード・ブランドのプロモーションのための来日で。

葵さん:横浜のエキスポ(見本市)で、私は友達の会社のブースで営業の手伝いをしていて、その隣がスケートボードのブースで、Benのスポンサーでしたから、彼がブラブラしていて。そこで知り合いました。
その後、同じ年の8月にサーフスケーターズ・コンテストというのが一宮町であって、それにBenはプロモーションを兼ねて選手として出場するために来日して再会しました。ちなみにBenはサーフィンとスケートの総合で4位でしたね。

 

日本に住もうと思ったのは?

Benさん:日本人は優しくて、安心感がある。カリフィルニアの人も優しいのだけれど、すごく危ない場所があったり、ドラッグやガン(拳銃)もいっぱいある。だから、いつもちょっとだけ気をつけていなくてはいけない。でも、日本に来るとすごくリラックスできる。何の心配もいらない。全部大丈夫、みたいな。それがすごく良かった。それは外国人の友達はみんな言うね。まるで「ディズニーランドみたい」って。みんながハッピーで、あまり心配がいらない。もし何か問題があっても、周りの人に聞いたり尋ねれば、たとえ英語がしゃべれなくても何か手伝ってくれたり、すごくナイスなフィーリングだよね。それは一番いい。みんなイイ感じ。あとはサーフィンとスケボーの友達もとても明るくハッピーな感じ。もちろん、妻と知り合ったのは一番の要因だよ。

 

一宮に住むことになった経緯は?

葵さん:Benは今までほとんど海の側で育ってきているからということと、やはりビジネスもしたいということで、海から離れた環境を考えたことがなかった。それで、私がいつもサーフィンで行きなれていたここ一宮町で再会することになったり。
一宮町は東京にも近いし、環境的にもいいし。アパートの大家さんの息子ヒデヨシくん(プロサーファー)がカリフォルニアのBenのところに泊まりにきていたりして面識があったり。私もすごく仲のいい友達がこちらに住んでいて、この辺りがいいと薦められて。
はじめ私は一緒に住んでいなくて、Benが一人で住むことに。でも、外国人も多いですから安心して住めたのだと思います。大家さんも家族のように暖かく迎えてくれて。縁があったのだと思います。

 

お仕事の方はいかがですか?

Benさん:シェイピングの工場が、以前は隣の長生村の一松にあったのですがちょっと遠いので、このグラスファイバーの工場に移って、4人程で共同で使っています。一人で使っていると、作業の工程などでどうしても空いた時間ができてしまうけど、何人かでやっているとグラスファイバーの工程も切れ目無く廻っていくからね。
最近までフルタイムで毎日学校の英語の先生をしていて、週末だけシェイピングができた。でも最近、シェイピングの方が忙しくなってきたので、学校の方はパートタイムになると思います。
シェイピングだけで食べていくにはまだまだ努力が必要。でも、僕のブランドのサーフボードがパタゴニアにも置いてもらえるようになったし、サーフィン感覚に近いスケートボードの製作と販売をスタートさせたり、いろいろあるので、少しずつレベルアップしていけたら。

 

一宮に住んでいかがですか?

Benさん:みんな世界中のいろいろな場所に住んでいたり、バケーションで滞在したことがある人達だけど、ここが一番いいって集まってきている。こういうファミリー・フレンド・スタイルというのは他にはどこにも無い。いろんな人が言っていたよ。スペシャル・コネクション(特別な結びつき)があるって。

それと外国人の友達はみんな昔から音楽や楽器をやっていたけど、もう20年くらいやってなかったのが最近盛り上がってきていて、みんなでセッションしたり音楽している。一宮にいると、いろんなところから来た人達と出会うことができてすごく面白い。オーストラリアとカナダの友達、南アフリカの人、イギリス人、すごくワールド・ミート・ポイントだよね。

 

不便なこと、お困りのことは?

Benさん:家と工場と海は全部近いから、免許は要らないかな。他の場所でも、電車でどこでも行けるし。長距離バスも好きだよ。リラックスできるし、コンピューターミュージックもできる。茂原からも横浜行きの高速バスがあって利用している。 カリフォルニアも車は多いけど、サーフィンの人はみんなビーチの近くに住んで自転車やスケボー使っている。車にシャワーなど全部積んでコインパーキングに駐めてなんて、ちょっと面倒くさい。ウェットスーツを着て板を抱えてそのまま自転車で行って、パーキングも関係なくて、お金もかからないし、ウォームアップもできる。みんなそういうスタイルになった。それと3年前にガソリンも高くなって、みんなどんどん使わなくなった。大きい車も無くなったし。エコスタイル? 

葵さん:カリフォルニアはどこのビーチもシャワーが付いているから水を持って行く必要もない。シャワーを浴びて、そのまま着替えて。ほんとに簡単な作りでいいのですから、シャワーがあったらいいと思う。でも日本みたいにシャンプー使ったりしちゃうとそうもいかないかもしれませんね。そういう部分では注意が必要なのでしょうが。

Benさん:海岸沿いの国道は、夏のシーズンは車がすごく多くて、横断歩道も少ないから、大人でも渡るのが大変。子ども達は全然渡れないですよ。だから押しボタン式の横断歩道があったらいいな。

 

葵さん:都会から来たら、多分このオープンなスタイルと考えに、最初はビックリするけど、そのうち受け入れられるようになると思う。自由な感じ。自分の自由な空間が広がるから、もっと自分らしく生きられる。都会だといつも狭い空間に入れられて、隣の人と近くて、自分のスペースっていうのがすごく狭いでしょ。だから自分を表現することも隣の人に聞こえれば、伝わればいいというように小さくなってしまう。でも、本来スペースはもっとあってこれくらい表現しないと他の人に届かない、ならそれが本来人間が自由でいられるスペースなのではないかと。
みんなサーフィンだけじゃなくて絵を描く、音楽をするとか、そういう趣味をもっていて、それぞれでやっていたのだけど集まってやりはじめたり、面白い。簡単に友達ができる。みんなオープンだよね。

 

好きな場所は?

Ben:太東ヘッド、太東ビーチが好き。波音。マイハウス。それと玉前神社。
葵さん:ビーチでたまに夜光虫も見られるし。空が広いから、虹もすごい。

 

経済的な面はいかがですか?

かなりのシンプルライフですから、そんなにいっぱいお金はかからない。サーフィンと音楽と。ビーチもネイチャーも。アウトスタイルのものがいっぱい。そういうのはあまりお金がかからない。
葵さん:たぶん都会に住んでいたら全然違うでしょうね。向こうにいると欲しいモノや場所など、欲求も上がるし、遊びも全部お金がかかります。でも、こちらにいるとシンプルでいられる。やりたいことに忠実に生きられる場所ですよね。